NEWS

BLUE BOOKS来店日

forte Presents HAIIRO DE ROSSI 10th Anniversary Exhibition at BLUE BOOKS

【開催期間】
10/15-10/28

BLUE BOOKS CAFE 自由ヶ丘
http://www.bluebookscafe.jp/jiyugaoka/

OPEN 11:30

【来店日】
10/16(火曜)
10/20(土曜)
10/24(水曜)
10/27(土曜)

Information
自身のレーベル"forte"を主宰し、同名のアパレルブランドも展開しているラッパーHAIIRO DE ROSSIのデビュー10周年を記念したforteの展示会が自由ヶ丘のBLUE BOOKS CAFEにて10月15日よりスタート。
9月に行われたブランド初のポップアップショップに引き続き空間プロデュースにKENTO AYUMU。
歴代の貴重なアートワークや、forteの人気ウェア秋冬新作を始め、
ベルリン在住の画家・小西博子、HAIIROの実弟でもありイラストレーターの作品など親交の深いアーティスト達の作品も多数展示予定。
ポップアップで好評だったKENTO AYUMUのサロン限定のオーガニックスイーツ「バランスボール」のBLUE BOOKSコラボバージョンの販売も特別に予定。

Official Shop: https://forteonlineshop.com
Twitter: https://twitter.com/HAIIRODEROSSI
Instagram: https://www.instagram.com/haiiroderossi_forte/

【HAIIRO DE ROSSIプロフィール】
HIPHOPアーティストHAIIRO DE ROSSIとして活動。
21歳の若さでデビューし、二枚ずつシングル、アナログ、スタジオアルバムの発売を経て独立。
独立後に発表した3枚目のアルバム『forte』がHIPHOP界のみならず賞賛を得る。
また尖閣諸島の問題について発表した曲や震災後の復興支援で使われた曲等はYahoo!ニュース等で取り上げられ、文化雑誌等からのオファーも相次ぐ、活動家としての一面も併せ持つ。
その後約二年半の活動休止を経て2014年5月に発売したシングルがオリコンインディーズチャート9位を記録。
11月末に発売された最新アルバム『KINGOF CONSCIOUS』は各雑誌で高い評価を受けスマッシュヒット。
翌年2015には前作までを「青の時代」と位置づけ、それを纏めたBEST盤発表後、別名義(灰色デ・ロッシ)で発表した「空-kara-」を発表。そして2016年、「空」の後編となる「絶」を発売。
現在本名義HAIIRO DE ROSSIとしての6thアルバム制作中。

【小西博子プロフィール】
小西博子
Hiroko Konishi

抽象画家
Abstract painter

描くことにより日常と感情を見つめる抽象画家。
詩的な思索や瞬間の美しさをとっかかりとしながら、筆跡や余白をあえて残す作風で主にアクリル画を制作。
東京都世田谷区生まれ、​​ベルリン在住。
2011年より東京を活動拠点に、個展にて作品を発表。(近年個展:「君は無敵」2016 「東京に抱かれて、描く。」2017 「全部とそれ以上」2018@Gallery Conceal Shibuya/「Pausa」2018@UdK Berlin)
2013年よりライブペインティングも行ない、生演奏とのコラボレーションを主に日本各地で活動。即興描きによる刻々と変化する絵で人々の目を楽しませる。
Jam Session×参加自由型ペイント「池袋JAM」(池袋西口公園野外ステージ/約月1回)で3年以上ペイントホストを務めていたこともあり、様々な年代やジャンルとの触れ合いを好む。
近年は、一点もののハンドペインティング作品も精力的に展開中。描きおろし衣装から日常的に使える靴下・トートバッグなど数多く手掛けている。